足外来

ホーム >> 足外来

足がむくむ,しびれる,痛む,血管が浮き出ている,こむら返りがする,冷える,色が悪い,傷がなおらない…など,

足の症状で悩んでいるものの,どこへ相談したらよいか困っておられる方々も多いようです.
こういった症状は下記のような病気によって引き起こされます.病気により治療法が異なりますのでまず的確な診断が必要ですが,実際の診断は足の疾患を数多く経験した医師でなければ困難です. 当院では,心臓血管外科医としての豊富な診療経験をもとに,これらの病気を的確に診断し,投薬や手術などの治療,日常生活のアドバイス,より高度な治療が必要な場合の専門施設への紹介などを行います.
 病気によっては弾性(弾力)ストッキングが非常に有効ですが,当院では知識と経験の豊かな看護師が,患者さん各々に適切なサイズと圧の医療用弾性ストッキングを選ばせていただきますので,ご希望の方はお申し出ください.ストッキングは当院でも販売しております.

 なおこの外来は日常診療の一環として行っており,事前の予約も必要ありませんので,どうぞお気軽にご相談下さい

閉塞性動脈硬化症

動脈硬化が原因で,足の動脈が狭くなったり詰まったりする病気です.足が冷たく色が悪くなったり,歩行時にふくらはぎが痛んだりすることで始まり,悪化すると壊死することもあります.  狭心症や脳梗塞など他の動脈硬化疾患と合併しやすいのも特徴です.
重症の場合はカテーテルや手術による治療が必要です.

急性動脈閉塞

心房細動などの不整脈により心臓内でできた血栓が突然足の動脈に跳んで閉塞し,放置すると激しい痛みや壊死を起こす病気です.緊急手術が必要です.

糖尿病性壊疽

全身の動脈や神経に病変を起こす糖尿病により,下肢の虚血が起こり,悪化すると壊死を起こします.早急の治療が必要です.

バージャー病(閉塞性血栓血管炎)

足の動脈に炎症が起こって閉塞し,壊死を起こす恐ろしい難病です.喫煙が大きな原因の一つです.厳格な禁煙と早急の治療が必要です.

下肢静脈瘤

下半身の静脈の血液は,重力と反対方向に心臓に帰るため,逆流しがちです.それにより足の表面の静脈がうっ滞して瘤状になり,だるさや重さ,こむら返り,うっ滞性皮膚炎,皮膚潰瘍を生じる病気です.立ち仕事の多い人,出産を繰り返した女性などに多い,ごくありふれた病気です.当院では硬化療法,日帰り手術などの治療に力を入れています.


>>下肢静脈瘤の日帰り手術

深部静脈血栓症

足の中心部を通る静脈に血栓が発生する病気で,エコノミークラス症候群としても有名です.血栓が肺に流れて肺梗塞を起こす危険性もあるため,早急の治療が必要です.

血栓性静脈炎

足の表面を走る静脈に血栓ができて炎症を起こし痛みを生じる病気です.静脈瘤に合併することが多く見られます.薬物や血栓摘出術により治療します.

特発性浮腫

女性の下肢のむくみの多くがこれで,立ち仕事などによりリンパがうっ帯しやすくなって起こります.弾力ストッキングや薬物が非常に有効です.

リンパ浮腫

子宮がんの手術後などに,足全体のリンパの流れが悪くなってひどく腫れる病気です.重症になると象皮病とよばれるような醜形を呈し,また炎症を起こしやすくなります.根治することは困難ですが,薬物,マッサージや弾力ストッキングなどの理学療法により,改善させることは可能です.

蜂窩織炎

足の皮下組織が細菌感染により高度の炎症を起こす病気です.抗生物質の投与などによる治療が必要です.

整形外科的疾患(脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・変形性膝関節症など)

脊椎や関節などの病変が原因で疼痛,しびれ,腫脹などの症状を起こします.薬物によりに症状をコントロールできることも多いですが,必要に応じて信頼できる整形外科の専門医に紹介いたします.

全身疾患による足の浮腫

心臓,腎臓,肝臓などの病気により下肢が腫れることもあります.治療には詳細な診察,検査などによりその原因を明らかにすることが重要です.

糖尿病性壊疽 深部静脈血栓症 リンパ浮腫 うっ帯性皮膚炎

糖尿病性壊疽

深部静脈血栓症

リンパ浮腫

うっ帯性皮膚炎

下肢静脈瘤 心不全による浮腫 急性動脈閉塞 閉塞性動脈硬化症

下肢静脈瘤

心不全による浮腫

急性動脈閉塞

閉塞性動脈硬化症

 

 

出典:ALCARE「メディカルブックシリーズ

医歯薬出版「下肢静脈疾患と超音波検査の進め方]

日本医事新報社「これでわかった下肢静脈瘤診療」

日本医師会「実践皮膚病変のみかた」

循環器科・呼吸器科・外科 【おおかど循環器科クリニック OHKADO Heart Clinic】